誰も知らない『グリーンコーヒー』をゼロから静岡で広め、大手百貨店で販売するまでのストーリーとは。

グリーンコーヒーはご存知ですか?

誰も知らなかった「グリーンコーヒー」の販売を初めて1年以上が経過しました。
最近の出来事ですが、「あ、グリーンコーヒー!知ってる!」とお客様が言っているのを聞いたとき、とても嬉しくなったことを覚えています。

また今年に入り、静岡の松坂屋でも販売することが実現しました。
商品の信用が高まっていることが、私としては、非常に嬉しい出来事でした。

その結果、ポップアップ店舗での販売も、ネットからの販売も多くの方にご購入いただけるようになりました。

数年前まで、コンビニチェーンでSV(スーパーバイザー)をしていた私が、なぜグリーンコーヒーに魅了されたか。そして、静岡で信頼される商品になったかを少しお話させて下さい。

なんとなく感じる体の不調。

コンビニチェーンのスーパーバイザーは「食べることも仕事」と言われます。
当然私も毎週、新商品をチェックするために試食をしていました。加盟店に対して適切な情報を発信する為です。

この毎週のルーティンに加えて当時は、名古屋で単身赴任でもあったので、食生活だけでなく、生活リズムも不規則でした。

その結果、なんとなく感じていた体の不調(特に頭痛と下痢)は、年齢を重ねると共に自然と悪化。(同じように感じている人は多いのではないでしょうか。)

お腹の調子がいつも悪いので、どこに行くにしてもトイレの場所をまずチェックする。
急な頭痛があるので、鎮痛薬がないと不安。
というように、慢性的な体調不良をずっと抱えて生活していました。

食べるものが身体を作る。

子供もいて、家族もいる状況で、体調不良は将来の不安も感じさせます。
そのような状況に違和感を感じながらも、日々の仕事に追われていました。

そんなあるとき、仕事の関係で、有名な経営者(Yさん)の方と話す機会がありました。
Yさんに仕事について、大切にしていることを聞いてみると、「食事です」との事。
独自の食事ルールを持ち、添加物を徹底的に摂取しない生活をして体調管理を行ってました。

この回答に最初は驚きました。
食事が身体を作るというのは、聞いたことはありました。
しかし、そこまで深く考えたことなかった私に痛烈に刺ささりました。

そこから、私の健康生活が始まったのです。

1ヶ月間、食事の仕方、食べるものを一気に変えてみました。
まずは、なんでもやってみる。

試食以外は、徹底的に添加物は排除し、サプリ等も摂取するようにしました。
「お、なんだか朝が気持ちよく起きれる。そういえば、頭痛も最近ないな。」
といったように、なんとなくですが、良くなったように感じていました。

そんなあるとき、毎週の試食会があるので、新商品を食べていると、体が受け付けない感覚を覚