製造工程

収穫までの7ステップ

コーヒー苗木の植えつけから出荷まで、豊富な経験と知識がある農民たちが誇りをもって作業しています。
根底には自然を尊重し、寄り添う気持ちがあります。
1. 生苗作り
大きな苗床に手植えで種をまきます。元気な苗木に育ったら、火山灰土壌の肥沃な大地に植えつけます。雨季に植栽するので土が湿ったまま、根をしっかりと張ることができます。一連の作業はもちろん手作業です。
2. 収穫作業
苗木がコーヒーチェリーをつけるのに約3~4年かかります。大切に育てたコーヒーの木から、完熟したコーヒーチェリーのみを経験豊かな農民がひと粒ひと粒ていねいに手で摘み採ります。手作業にこだわるのは、完熟したコーヒーチェリーに完全な栄養素が含まれているからです。
3. 加工工程
収穫されたコーヒーチェリーは、実の腐敗が始まる前にすばやく加工します。果肉除去機にかけられ、私たちが豆と呼ぶ種は水路を通過しながら重量ごとに選別され、発酵タンクに移動します。発酵が終わると自然水できれいに洗われ、乾燥工程へと移ります。
4. 天日干し
乾燥は天日干し。太陽光をさんさんと浴びながらゆっくり乾燥していきます。自然光は加工後に残った水分や不純物を取り除きます。この自然のしくみにより、二酸化炭素を排出することなく最高品質のコーヒーが誕生します。
5. 品質検査
乾燥したコーヒー豆は色むらなどの欠陥を人の目で確認します。不具合のある豆は手作業で取り除かれ、最高品質のコーヒー豆だけが残ります。
6. テイスティング
製品となるコーヒー豆は品質・味や香りのテストがくり返されます。全体的な見た目の美しさ・焙煎具合・粉砕の均一さなど、クリアした豆のみがお湯で抽出され、最後にコーヒーの味と香りのチェックへとたどり着きます。